目立たない矯正(透明ブラケット)|開咬の歯並び治療例|福井市・鯖江市

2016-10-11

20代後半の女性で、出っ歯と、前歯でモノが噛めないということで来院された患者様です。

症状は開咬といって、奥歯だけが嚙んでいて前歯が噛み合わず前歯の間に隙間が空いた状態です。そのため、前歯で噛み切ることが出来ません。また、全体に噛み合わせが不安定だった事と患者様のご希望で歯を抜かないで治療しました。患者様のご協力も大変良かったため、なんとか歯を抜かずに前歯でもしっかりと噛める状態になりました。治療期間は約3年半で、その間約1〜2ヶ月に一度の通院でした。治療が終わって大変喜んでもらえて、私たちも大変嬉しいです。おめでとうございます。

※大人の方で、下の前歯にガタガタ多い場合には、歯を支える歯槽骨がもともと下がっている場合が多く、治療後にキレイに並んだ歯の歯肉付近の間に隙間が出来る場合があります。また、歯を移動に伴って、治療後に歯根の先端がやや短くなる場合があります。

矯正治療にあたっては、患者様の状態を調べる詳しい検査を行い、検査結果に基づいて治療計画をたたて治療を行います。患者様によって歯並びの悪い状態や、骨格が異なりますので、治療の方法や使用する装置、抜歯の必要性などについて患者様に寄って異なります。

 

 


カテゴリー 矯正歯科みねた治療症例集