福井市で「見えない」裏側(舌側)矯正|「専門医」が在籍する矯正歯科みねた|越前市・敦賀市からも多数来院

メールでの診療予約、個別相談はこちら 0776-23-1180
駐車場完備  日曜も診療(月2回休診)
「見えない・目立たない矯正」-誰にも気づかれず治療をしたい! Non-ocular

「見えない」矯正-歯の裏側に装置を付けます「目立たない」矯正-透明のマウスピースを付けます 金属色の矯正装置に抵抗がある方にお勧めです!

+見えない・目立たない矯正装置とは?

当院では、見えにくい矯正装置として「裏側矯正(舌側矯正ともいいます)」と、目立たない矯正装置として「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」「半透明ブラケットの矯正装置」をご用意しております。それぞれご紹介いたします。

 

「見えない」矯正装置

透明で「目立たない」矯正装置「審美ブラケット」矯正装置

 

 

 

見えない矯正装置-「裏側(舌側)矯正」Lingual bracket 見えない矯正

 

+裏側(舌側)矯正はなぜ「見えない」の?

皆さんがよくご存知の矯正は「歯の表側」に装置を付けるものだと思います。

しかし、裏側(舌側)矯正は、その名の通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けますので、他の人に気づかれることは、ほとんどありません。下の画像を見て頂ければ一目瞭然ですね。

 

裏側(舌側)矯正

 

矯正装置の中には目立たない装置がいくつかありますが、この裏側矯正が特に目立ちません。装置を付けている事さえも気づかれることはほぼないと思います。

 

 

 

+裏側(舌側)矯正の「治療期間」は?「違和感」は?「虫歯になり易い?」

よく患者様から次のような質問を頂きます。

質問

 

それぞれお答えいたします。

 

治療期間

結論から申しますと、表側矯正と裏側(舌側)矯正の治療期間はそれほど変わりません。

 

院長

患者様がこのようなご質問をされるには理由が

あります。多くの歯科医院のホームページで、

「裏側(舌側)矯正は表側矯正と異なり、処置が

難しいためどうしても治療期間が延びてしまいます」

と掲載されているためです。

 

これまでの経験から、治療期間に大きな差が出ることは

ございません。治療期間は、装置の種類よりも患者様の

治さなければならい状態に左右されます。

 

治療中の違和感

もちろん歯に装置を付けますので、表側・裏側問わず、慣れるまでは違和感があります。しかし、当院で利用している装置は違和感を最小限に抑えるために従来よりも小型化されていますので、以前よりも気になることは少ないと考えております。また、違和感を一番覚えるのは口を動かす食事や話す時です。食事では舌が装置にあまりふれないようなレシピを工夫することで違和感を抑えることができます。当院ではこのレシピのご提案もさせて頂いております。

 

虫歯のなり易さ

結論からお伝えしますと、充分なケアをしていただければ裏側矯正の方が虫歯になりくいとも言えます。

歯の裏側は、表側より3倍も厚いため、虫歯菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、虫歯菌がこの唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなっています。このような理由において、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。しかしながら、裏側の方が歯磨きはしにくくなります。表側・裏側に関わらず、装置を付けた状態でのブラッシングに慣れるまでは、虫歯になる可能性は高くなりますので、矯正中は歯磨きを徹底的にすることが大切です。

当院は虫歯・歯周病の予防処置も行う事が出来ますので、治療中のケアも万全です!

 

 

 

 

透明で目立たない矯正装置 Mouthpiece 目立たない矯正

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)とは?

目立たない矯正装置として「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」をご用意しております。

※海外製作のカスタムメイド矯正歯科装置は薬機法的に医療機器には該当しておりません。

 

マウスピース型のカスタムメイド矯正装置を使用した治療法(以下、マウスピース矯正)について説明します。

マウスピース治療とは、患者様お一人おひとりのお口の状態に合わせて製作された透明なマウスピースをお口に装着し、順次新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を移動させる矯正治療方法です。

 

マウスピース矯正は、ワイヤーとブラケットによる矯正と異なり、装置が取り外し式で、目立ちにくいのが特徴的です。しかし、歯の移動量が大きいケース(抜歯を必要とするケース)ではマウスピース矯正単独では限界がある場合があり、そのような場合は一定期間、ブラケットによる矯正を併用することもあります。

 

取り外し可能ですので、食事への影響が少なく、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことができる反面、装置を装着する判断は患者様に一任 されるため、装置を付ける時間が短く、つけない期間があった場合は、治療期間が長くなってしまうというデメリットも存在します。

 

 

 

 

+マウスピース型矯正歯科装置に関してドクターからのメッセージ

ここまでの説明をお読み頂くと、「マウスピース矯正は特に知識・技術などいらない治療だな」と思われた方も多いかと思います。

実際、ほとんどの工程はコンピューター処理され、人間の手は加わりません。

 

院長2

しかし、1点、人間の手が加わる工程があります。

それは、治療計画を立て、それに沿ったマウスピース

の設計になっているか矯正学的に本当にその方に

合った仕上がりになっているのかという診査です。

問題があると判断した場合は、再度、設計し直し、

問題がなくなるまで何度も設計を繰り返します。

この診査を誤ってしまうと、歯が動かないばかりか、

余計に歯並びが悪化してしまう事もあります。

 

また、前述でもお伝えした通り、当院で使用している「海外製作のカスタムメイド矯正歯科装置」は薬機法的に医療機器には該当しておりません。この治療方法に関する注意事項は、下記をご覧ください。

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」について

 

薬機法において承認されていない医療機器について

当院で使用している「海外製作のカスタムメイド矯正歯科装置」は、日本の薬機法では承認を得ていない、未承認医薬品に分類されています。

 

装置の入手経路について

当院では、アライン・テクノロジージャパン社を通じて、カスタムメイド矯正歯科装置を製作・入手し、利用しております。

輸入された医薬品等についての注意に関しては、こちらをご覧下さい

 

国内の承認医薬品などの有無について

昨今、マウスピースを使用する矯正治療法には、様々なタイプやシステムが開発されており、国内でもいくつかのマウスピース(治療システム)が薬機法で承認されております。

日本で「医療機器としての矯正装置」と認められるためには、いくつかの条件があります。

・薬事法で承認されている材料を使用していること

・日本の国家資格を取得している歯科医師・歯科技工士が製作していること

・薬機法で承認された既製品であること

当院で使用している海外製作のカスタムメイド矯正歯科装置は、海外においてコンピューター処理および加工されている装置であることからも、この承認条件には当てはまりません。

 

諸外国における安全性等に係る情報について

当院で行なっているカスタムメイド矯正歯科装置の治療システムでは、歯科矯正治療時に起こりうる作用(治療上のリスク)以外で、固有の重大な副作用等との報告はありません。

また、当院では治療開始時に、治療上のリスクに対する説明を十分に行ない、患者様にご理解をいただいてから、治療にあたっております。

同意書をお読みになった上で、治療承諾書にサインしていただいております。

 

 

 

 

半透明で目立たない矯正装置 Esthetic bracket 目立たない審美ブラケット

 

+もう1つの目立たない矯正装置-半透明の審美ブラケット矯正装置とは?

これまでの矯正装置は、金属色の装置を付けるものが主流でしたが、最近では目立たない装置も開発されています。従来と比べてどのくらい目立たないかは下記の画像を比較して頂ければ一目瞭然です。

 

従来の金属ブラケット 最新の半透明ブラケット

前述しました裏側矯正と「従来法と比べ目立たない」ことは共通していますが、この審美ブラケットは「歯の表側」に装置を付けますので、裏側矯正よりも若干目立ちます。

※通常の金属のブラケットも小型化され、以前より目立ちにくくなっています。

 

治療方法別の費用はこちら

※患者様のお口の状態によって治療期間や通院頻度が異なりますので、あくまで目安の治療費となります。

 

 

 

+個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

0776-23-1180

△日曜日は不定休に休診します。 

 

 

+症例集

当院の症例をご紹介いたします。

詳しくは症例集をご参照ください。

 

 

+料金表

矯正治療費をご紹介いたします。

詳細は料金表をご参照ください。